Filter

Open

09

MAR

2022

January 2022

業界ニュース

中国がWIPOの2つの重要な条約に加盟:「マラケシュ条約」とハーグシステム

中国がWIPOの工業意匠の国際登録制度であるハーグシステムに加盟し、国際意匠制度に大きな進展がもたらされることになった。中国は同時に「マラケシュ条約」にも加盟した。これにより、世界の偉大な文化・文学の伝統の一つがマラケシュ共同体の中に取り入れられることになった。

中国国家版権局責任者の張建春副部長が提出した中国の「マラケシュ条約」への加盟文書と、中国国家知識産権局の申長雨局長が提出した中国のハーグシステムへの加盟文書は、鄧鴻森WIPO事務局長により受理された。

中国の加盟は、2022年の北京冬季オリンピックの開会式に出席するために鄧鴻森事務局長が中国を訪れたときに行われた。開会式には、グテーレス国連事務総長、国連総会議長、その他の国際機関の首脳も出席した。

中国居住民が2020年に出願した意匠の総数は795,504件で、世界全体の約55%を占めている。中国がハーグシステムに加盟することで、これらのデザイナーは、自己作品の海外での保護やプロモーションがより便利かつ安価に行えるようになる。

中国は世界で最も人口の多い国であり、世界の偉大な文学・文化の伝統が生まれた場所の一つでもある。「マラケシュ条約」への加盟により、中国の1,700万人以上の視覚障害者がより多くの著作物にアクセスできるようになる。また、世界の他の地域の視覚障害者がこれらの作品にアクセスできるよう、中国語作品の国境を越えた移動を増やすという。

(出典:WIPO中国)

中国国家知識産権局の新規則:海外専利代理機関の常駐代表機関設立が可能に

中国国家知識産権局はこのほど「海外専利代理機関による中国常駐代表機関設立に関する管理弁法」を公布した。これに先立ち、中国国家知識産権局は、海外専利代理機関による中国常駐代表機関について、北京、江蘇省、広東省の一部地域で試行事業を行った。

「弁法」では、海外専利代理機関が中国に常設の常駐代表機関を設立することは、専利代理業界の有機的な構成部分であり、中国国家知識産権局および省級人民政府の知識産権部門は、法に基づき代表機関およびその代表者を管理することを明確にしている。同時に、平等の原則に基づき、代表機関は同一条件の下で、法に基づき知的財産権サービス業の発展を支援する国の政策と措置を平等に適用する。

「弁法」では、海外専利代理機関が中国に常駐代表機関を設立する場合、中国国家知識産権局の認可を受けなければならないと規定している。中国国家知識産権局は、申請を受理した日から3か月以内に決定を行う。海外専利代理機関は、中国国家知識産権局による認可の日から90日以内に、法に基づき登記機関に設立登記を申請しなければならない。代表機関所在地の省級人民政府の知識産権管理部門は、法に基づき代表機関の届出業務を行う。

代表機関およびその代表者による違法行為の可能性について、「弁法」では、代表機関または代表者が法に基づき負うべき法的責任を規定している。「弁法」ではまた、中国国家知的財産権局および省級人民政府の知的財産権管理部門は、違法行為が存在する代表機関およびその職員に対して警告談話を行い、意見を提出し、適時の是正を促し、法に基づき調査・処分処分を行い、必要に応じて法に基づき関連部門に移送して処理することができると規定している。(出典:人民網)

中国ブランドの海外進出「優先ルート」が全面開通--中国マドリッド商標国際登録業務が全面的に電子化

20211231日、中国商標オンラインサービスシステムの「マドリッド商標国際放棄業務」のオンライン申請機能が正式にスタートした。これは中国の出願人によるマドリッド商標国際業務が全面的に電子化されたことを示すもので、2021年に中国の出願人が提出したマドリッド商標国際登録業務のオンライン申請率は97%に達した。現在、国内の出願人はマドリッド商標の国際登録の出願、更新、譲渡、抹消など全部で10項目の業務をオンラインで処理することができ、国外のコロナ禍による国際郵便システムの不安定要素を克服し、出願周期を効果的に短縮することができる。

2021年、中国出願人による国際登録出願の審査期間が平均2か月に短縮された。外国出願人の権益を平等に保護するため、中国国家知識産権局商標局は、国際商標登録の審査の質と効率を全面的に改善し、マドリッドシステムによる中国を指定した国際登録の領域拡張出願の審査周期を4か月に短縮し、国際譲渡、変更、更新の審査周期を1か月に短縮し、史上最も速い水準に達している。

(出典:中国国家知識産権局商標局

代表事例:

集佳が代理人を務めたシャトー・ラフィット社が不動産物件「拉斐水岸」を商標権侵害で提訴、過去最高の500万元の損害賠償を獲得

基本的な事件概要:

シャトー・ラフィット・ロートシルト(CHATEAU LAFITE ROTHSCHILD)は、フランスの5大シャトーの一つである。 1990年代以降、シャトー・ラフィットのワインは正式に中国本土市場に進出している。シャトー・ラフィットの商標の第1122916号「LAFITE」と第6186990号「拉菲」は、長期にわたる宣伝と使用を経て、世界および中国本土のワイン業界で高い評価を得ている。中でも「LAFITE」商標は、行政手続き、行政訴訟、民事訴訟において何度も著名商標として保護を受けており、「拉菲」商標も著名商標として認定され、異種カテゴリ間の保護を受けている。

3人の被告は、本件物件の居住区入口ゲート、居住区付属施設およびWeChat公式アカウントなどでの宣伝活動、および本件物件の北京販売センターの壁、階段の手すり、建築模型、建築図書、使い捨て紙コップなどの部分、および公式サイトの目立つ位置、関連宣伝動画広告において、「CHATEAU LAFITE」、「拉斐水岸」および「拉斐」などの標章を強調して使用したものである。

シャトー・ラフィットは、被告の上記行為が自社の登録商標の独占権を侵害しているとして、北京知的財産法院に提訴した。北京知的財産法院は、権利侵害の成立を認定し、被告に対し、権利侵害の停止、販売への影響、経済的損失および合理的支出計500万元を賠償することを命じる判決を下し、北京高等法院は原審を維持した。

事件の分析:

第一に、物件の名称が商標的使用を構成するか否かについての問題である。本件被告は、物件の名称の使用は、物件の紹介、宣伝、地理的な位置を示すための合理的な使用であると主張した。しかし、最高法院で審理された(2013)民提字第102号「星河湾」事件、北京知的財産法院で審理された(2017)京73民終798号「大悦城」事件などの事例では、いずれも物件の名称は事実上物件を識別する作用を果たし、その実質も一種の商業標章であり、物件の名称の使用は商標的使用に該当すると判断されている。また、集佳の弁護士も、「百家湖」などの事例を踏まえ、合理的使用については、物件の名称に含まれる文字が、すでに商標登録された地名である場合などに適用すべきであり、本件被疑侵害行為は「合理的使用」の抗弁を満たさないと論述した。一審法院、二審法院はいずれも集佳の弁護士の主張を支持し、物件の名称などに被疑標章を使用することは、商品または役務の出所を表示する作用を有し、商標的使用に該当すると認めた。

第二に、著名商標の保護範囲の問題である。本件では、シャトー・ラフィットが主張する商標は、第33類「アルコール飲料」などの商品での使用が認められているのに対し、被疑侵害行為は、物件の名称、居住区付属施設、物件の販売場所、および関連する宣伝・広告における被疑標章の使用であり、国家工商行政管理総局商標局の「『商業用不動産』の類別の確定問題に関する回答書(商標函[2003]32号)」を参照すると、被疑侵害行為は、第36類の不動産管理、および第37類の家屋建築などのサービスに該当する。このため、本件は、登録著名商標のカテゴリを跨いだ保護の問題に関連している。集佳の弁護士は訴訟の過程で主に「混同」と「希釈」の2つの側面から、被疑侵害行為が、登録著名商標権利者であるシャトー・ラフィットの利益に対して及ぼした損害について詳述した。

一審法院は、原告商標の識別性と知名度、被疑標章商品における著名商標に対応する公衆の間での認知度、標章の近似度と商品の関連度、被疑標章の具体的使用態様などの要素を総合したうえで、被疑侵害行為が異類混同を構成するとの認定にとどまった。被疑侵害行為が原告の著名商標の識別性を低下させ、商標の希釈化を構成するか否かという問題については、一審法院はコメントしなかった。

二審法院は、一審法院が「異類混同」の観点から、被疑標章を使用する行為がシャトー・ラフィットによる著名商標使用の独占権を侵害するとした同法院の認定に誤りはないと肯定した。同時に、著名商標の識別性と知名度、関連公衆の重複度、標章の近似度、被告が物件プロジェクトにおいてワインを強調していることなどの要素を考慮した結果、被疑侵害行為は著名商標の識別性を低下させるのに十分であると認め、これにより、シャトー・ラフィットの「混同」と「希釈」の主張を完全に支持した。

第三に、損害賠償額についての問題である。被告による利益侵害の可能性を証明するために、集佳の弁護士は、一方では、懐来県不動産取引所に対し被告の商業用不動産の販売データについて照会した報告書(本件物件の届出販売額が306,000万元であることを証明)、中国不動産統計年鑑(不動産の平均利益率が約10%であることを証明)を含む大量の証拠を収集した。また一方で、被告は、本件物件の宣伝においてワインをテーマとして強調したり、「拉菲」ワインといったような品質を強調したりしていた証拠も固め、本件物件の宣伝・販売過程においてシャトー・ラフィットの知名度に頼ろうとする悪意を重点的に強調した。

一審法院は、本件物件の純利益における商標の貢献度を特定することはできないとした。そこで、原告が主張する商標の知名度、シャトー・ラフィットの商標の知名度を利用した被告の主観的悪意、被疑侵害行為の継続期間、被疑標章による本件物件の販売促進作用、商業用不動産の購入に影響を与える要素の多様性などの要素を考慮し、法院はその裁量により、経済的損失480万元、合理的支出20万元を決定した。

二審法院は、商業不動産を大口の特殊商品とし、物件の地理的位置、周辺環境や付属施設、交通状況、不動産開発業者の評判や実力、住宅の品質、販売価格などの要素が、消費者が最終的に住宅を購入する時に、より決定的な作用を果たすうえ、商業不動産の販売における商標・ロゴの貢献とそれが果たす作用は通常より限定的であるとした。無論、二審法院もまた、不動産ブランドが長期の事業運営を経て関連公衆に対し及ぼしている比較的強い影響力を否定せず、一審法院の裁量による賠償金額を最終的に維持した。

典型的な意義:

過去の物件の名称の商標権侵害事件と比べ、本件で最も注目されるのは、損害賠償額が高額である点にある。本件で賠償額500万元が認められた主な理由は、消費者の商業不動産購入に影響を与える複数の要素を十分に考慮したと同時に、シャトー・ラフィットの「LAFITE」および「拉菲」商標の好感度と知名度、および被告が本件物件とフランス、ワインなどの要素との関連性を最大限に利用した悪意なども考慮し、被疑標章が本件物件の販売において一定の促進作用を果たしたと法院が認定したためである。このように、本件は、物件の名称の商標権侵害事件の特殊性を考慮しただけでなく、シャトー・ラフィットの著名商標権利者としての利益を比較的十分に保護し、同時に、知的財産権の悪意の侵害を取り締まり、知的財産権の保護を強化し、良好なビジネス環境を最適化するという司法政策も浮き彫りにしている。

集佳、華潤集団の最高人民法院における商標および不正競争民事権利侵害事件再審での全面勝訴に助力

基本的な事件概要

華潤集団は、1992年に中国本土国内でスーパーマーケットを開業して以来、中国全土の多くの省、市ですでに3,000店以上のスーパーマーケットを経営している。その第776090号「華潤」および第3843561号「華潤万家」の商標は、登録許可の取得以来、スーパーマーケット経営において継続的に使用されており、長期にわたる使用と宣伝を経て、関連業界ですでに比較的高い知名度を有している。このほか、華潤集団は、長期にわたり、資本投資、不動産、商品小売などの事業に従事し、長年の事業運営を経て、その「華潤」の商号はすでに多くの関連業界で社会大衆に広く知られている。

「成都華潤灯飾」は、照明の卸売・小売サービスに従事しており、2002年に「華潤」を企業商号として登録し、店舗看板、製品ラベル、宣伝・広告などにおいて「華潤灯飾」を使用していた。

華潤集団は、上記行為が同社の登録商標の独占権を侵害するだけでなく、不正競争行為を構成するとして、成都中等法院に提訴し、成都華潤灯飾に権利侵害の停止、損害賠償などの責任を負わせる判決を求めた。

判決の経緯

一審の段階で成都中級法院は、成都華潤灯飾による「華潤灯飾」の使用は商標的使用ではなく、かつ当該標章を使用した小売サービスは、保護が求められている登録商標の使用を認可された「販売促進(他人のため)」と同一または類似ではないとした。よって、商標権侵害行為が成立していないと認定し、同時に、成都華潤灯飾の経営者の息子は2001年の出生時に華潤と名付けられたため、成都華潤灯飾による「華潤」商号の登録と使用は正当性を有し、不正競争を構成しないと認定し、華潤集団のすべての訴訟請求を棄却した。その後、華潤集団は一審判決を不服として四川高等法院に上訴した。二審法院はさらに、成都華潤灯飾の「華潤」の商号は、その経営者の息子の名前に由来していることから確かに正当性を有し、当該商号の登録と使用もまた合法性を有するとし、また、小売サービスは、保護が求められている登録商標の使用を認可された「販売促進(他人のため)」と同一または類似ではないと判断したため、判決は華潤集団の上訴を棄却し、一審判決が維持された。

華潤集団は一審、二審の判決を不服とし、集佳に最高人民法院への再審請求を依頼した。

受託後、集佳と華潤集団は、専門家による論証と綿密な補足調査・証拠収集などの計画について合意し、第35 類の「販売促進(他人のため)」と「卸売・小売サービス」との関係や、氏名権の商業使用制限など、難しい法的問題について特別調査を実施した。華潤集団と集佳集団の共同努力の下、最高人民法院は2つの事件を裁判にかけることを決定し、開廷審理を経て、最終的に被告が商標権侵害および不正競争を構成すると認め、法院は一審、二審判決を破棄し、成都華潤灯飾に対し、申請者による第35 類の「販売促進(他人のため)」における「華潤」、「華潤万家」の登録商標の独占権に対する侵害行為の即時停止、「華潤」の文字を含む企業名称の使用停止、企業名称の変更、申請者の経済的損失と合理的費用を賠償することを命じる判決を下した。

典型的な意義

情報によると、本件は、商標の民事権利侵害事件において商品卸売・小売サービスと第35 類の「販売促進(他人のため)」が類似サービスを構成するか否かについて、最高人民法院が初めて肯定的な姿勢を表明したものである。最高人民法院は、再審判決の中で、成都華潤灯飾は消費者の便宜を図るため、代理または購入したさまざまなブランドの照明を分類し、統一して販売しており、「華潤灯飾」は、上記照明製品の販売のために提供するサービス標章であり、上記販売形態は、本件商標の使用を認められたサービスと交差・重複があり、両者は類似サービスを構成し、同類の事件に対して高い参考価値と強い指導的意義を有しているとした。

集佳が代理人を務めた世界最大の油田技術サービス会社の専利侵害で勝訴、

600万元の損害賠償を獲得

事件概要

専利権者のM-I有限会社は、世界最大の多国籍油田技術サービスグループであるシュルンベルジェ(Schlumberger)の子会社である。シュルンベルジェは、早くも1980年に中国の石油業界に進出し、油田サービス事業を展開している。シュルンベルジェは、中国の大手石油会社と力を合わせて協力し、中国の石油事業の発展促進に大きく貢献してきた。シュルンベルジェおよびその子会社・関連会社は、一貫して知的財産権の保護を重視しており、油田技術のさまざまな分野で数多くの基本専利を保有している。

その全世界の知的財産権を保護するために、M-I有限会社は2019年の下半期に、米国国際貿易委員会(ITC)に対し、中国の某社に対する337調査を提起し、その後、北京知的財産法院に複数の専利侵害訴訟を提起した。

訴訟の過程で、訴訟に関連するM-I有限会社所有の中国発明専利および同シリーズ発明専利に対して、被告は請求人として、それぞれ2019年末と2020年初めに国家知的財産権局に無効審判請求を行った。集佳とOrrickチームは、慎重かつ緻密に大量の作業を行い、本件2件の専利権のすべて有効性を維持することに成功し、訴訟手続きの順調な進行に道を開いた。

法院の判決

このほど、北京知的財産法院は被告の権利侵害の事実を認定する判決を下し、同時に、被告が被疑権利侵害製品に権利侵害の可能性が存在することを知っていたにもかかわらず、依然として被疑権利侵害製品の販売および販売許諾を続けたことには、主観的悪意が明らかであると認め、これにより、被告に権利侵害の停止と経済的損失および合理的支出計616万元を賠償することを命じる判決を下した。

事件の分析

本件では、被告が主張する合法的出所の抗弁が成立するか否かが主な困難な法的問題であった。

集佳の弁護士は以下のように主張した。被告が提出した証拠によれば、被告と訴外会社との間で締結された契約は「工業製品売買契約」という名称であるが、複数の契約書には、売買の対象がボビン、射出枠、平板射出成形の金型などの部品であることが記載されており、また、一部の契約書には、製作基準がそれぞれ「甲(=被告)が提供した図面及びモデルに厳格に従い製作する」、「購入者(=被告)が提供したモデルに従い設計・製作する」などの条項が記載されており、購入品のほとんどが組立部品であり、完成品は最終的に被告が組み立て、実際には、最終製品も被告名義で販売されたことがここから分かる。したがって、上記行為は委託加工行為に該当するというべきであり、委託加工という方式は、被告が製品を製造し、自らの製品名義で製品を販売するという権利侵害の事実を否定するものではない。

最終的に、法院は、集佳の弁護士の見解を認め、被告が提出した記録証拠は、被告が販売した被疑侵害製品に合法的出所があることを証明するには不十分であり、その合法的出所の抗弁は成立しないと判断した。

About the Firm

Unitalen Attorneys at Law
Address 7th Floor, Scitech Place, No. 22 Jian Guo Men Wai Ave., Beijing, 100004 P. R. China
Tel 86-10-5920 8888
Fax 86-10-5920 8588
Email mail@unitalen.com
Link www.unitalen.com

Related Newsletters

28
SEP
2022
28
SEP
2022
业界新闻: 关于启动柬埔寨对中国相关外观设计加快认可登记项目的公告...

Read More

28
SEP
2022
28
SEP
2022
業界ニュース: カンボジアでの中国の意匠にかかる認可登録加速化プロ...

Read More

25
AUG
2022
25
AUG
2022
业界新闻: 第二十三届中国专利奖获奖名单出炉 List of Winners of the 23rd China...

Read More

25
AUG
2022
25
AUG
2022
業界ニュース: 第23回中国専利賞の受賞者名簿が発表 先ごろ、中国国家...

Read More

10
AUG
2022
10
AUG
2022
业界新闻: 尼斯分类NCL11-2022文本中日韩商品和服务类似群编码对照表 Nice ...

Read More

25
JUL
2022
25
JUL
2022
集佳の視点: 専利民事行政交錯事件の処理に関する実務 北京市集佳法...

Read More

24
JUN
2022
24
JUN
2022
业界新闻: 中国国家知识产权局2021年度报告公布 China National Intellectual Prop...

Read More

24
JUN
2022
24
JUN
2022
業界ニュース: 中国国家知識産権局が2021年度報告書を公表 先ごろ、中...

Read More

23
MAY
2022
23
MAY
2022
业界新闻: 关于开通外观设计国际申请业务的通知 Notice on the Launch of the In...

Read More

23
MAY
2022
23
MAY
2022
業界ニュース: 意匠の国際出願業務の開始に関する通知 中国国家知識産...

Read More

05
MAY
2022
05
MAY
2022
业界新闻: 中欧亚专利审查高速路(PPH)试点项目延长 CNIPA-EAPO PPH Pilot Pro...

Read More

05
MAY
2022
05
MAY
2022
業界ニュース: 中国・ユーラシア特許審査ハイウェイ(PPH)試行プログ...

Read More

14
APR
2022
14
APR
2022
February 2022 业界新闻: 中国国家知识产权局关于调整专利电子申请专利...

Read More

14
APR
2022
14
APR
2022
February 2022 業界ニュース: 中国国家知識産権局による専利の電子出願...

Read More

09
MAR
2022
09
MAR
2022
January 2022 业界新闻: 中国加入产权组织两部重要条约:《马拉喀什条约...

Read More

08
MAR
2022
08
MAR
2022
December 2021 业界新闻: 关于启用尼斯分类第十一版2022文本的通知 Annou...

Read More

08
MAR
2022
08
MAR
2022
December 2021 業界ニュース: ニース分類第11-2022版の発効に関する通知 世...

Read More

05
JAN
2022
05
JAN
2022
業界ニュース: 中英両庁が知的財産権保護ガイドラインを共同発表 2021...

Read More

05
JAN
2022
05
JAN
2022
业界新闻: 中英两局共同发布知识产权保护指南 CNIPA and IPO UK Published Guidel...

Read More

20
DEC
2021
20
DEC
2021
业界新闻: WIPO年度报告:中国多项知识产权申请量居全球首位 WIPO Annual Re...

Read More

20
DEC
2021
20
DEC
2021
業界ニュース: WIPO年次報告書 中国が多くの項目で知的財産権出願件数...

Read More

26
NOV
2021
26
NOV
2021
業界ニュース: 「グローバル・イノベーション・インデックス」:中国...

Read More

26
NOV
2021
26
NOV
2021
业界新闻: 《全球创新指数报告》:中国升至第12位 China Rises to 12th Place in...

Read More

30
AUG
2021
30
AUG
2021
業界ニュース 第32回中仏知的財産権混合委員会ビデオ会議が開催  7...

Read More

30
AUG
2021
30
AUG
2021
业界新闻: 第32次中法知识产权混委会视频会议召开 7月20日,第32次中法...

Read More

  • 1
  • 2
  • 3