Filter

Open

25

JUL

2020

  • 商標審査:安定を踏まえ進展を図り、品質・効率の向上を実現する
  • WeChatが国際商標協会は協力して、権利侵害と偽造を打撃します
  • 2019年、全国裁判所は植物新品種にかかる紛争を38件処理しました
  • 「公衆伝染病予防特許情報共有プラットフォーム」の英語版がオンライン

商標審査:安定を踏まえ進展を図り、品質・効率の向上を実現する

最近開催されたCNIPA商標局(以下、商標局といいます)2020年商標審査工作会議で発表された一連のデータは非常に顕著でした:2019年の中国の商標審査件数は、前年比2.62%増の825万3000件で、商標登録実体審査の抜き取り検査の合格率は96.08%で、2018年の95.77%より高く、商標登録の平均審査期間は4.5か月に短縮され、商標審査の効率と品質は着実に向上しています。商標審査のサイクルはさらに短縮され、商標審査の品質管理システムは継続的に改善され、商標の買いだめと悪意のある登録を防止するための取り組みが増え続けました。

 2019年の中国での商標登録申請件数は、前年比6.33%増の783.7万件に達しました。商標審査の質の着実な向上を促進するために、商標局と各地の商標審査協力センターは、審査タスク割り当てメカニズム、審査権限管理、特別サンプリング、クロスサンプリング、合法審査などの審査管理システムを確立改善し、総合的に審査品質を強化しました。審査基準を規範化し、統一実行を強化し、異議評審部門は、三級合議制度を通じて事件審査の質を向上させ続け、審査能力の構築を強化します。

 商標局の審査事務部は、審査基準の一貫性を確保するために、同じバッチの同じまたは非常に類似した商標に対し主管者を明確にさせます。広州商標審査協働センターは、「審査部門100%+品質管理部門30%+方向性サンプリング」という自己検査モデルを採用して、自己検査率を向上させ、業務全面カバーを達成しています。上海商標審査協力センターは、商標審査基準を研究し、使用禁止語彙庫の確立を促進し、非標準商品や共存グループなどの特別グループの役割を積極的に果たし、定期的にた特別ビジネス学習交流を実施して、商標審査のレベルを包括的に改善しました。重慶商標審査協力センターは、商標局と協力して、グラフィック商標審査インテリジェント検索システムを完成させ、類似商標サービス項目のクエリシステムを独自に開発し、商標審査の知能化レベルを効果的に向上させました。済南商標審査協力センターは審査官を採点し、実際の運用につきコメントし、運用以来、重大な審査品質問題の「ゼロ」の記録を達成しました。鄭州商標審査協力センターは、すべての審査官に対し審査期限検査を実施し、審査期限のコントロールと管理、および審査期限過ぎの商標の取り扱いに関する関連規制を策定し、法律と規制に従って審査を実施する上で常に審査期限管理を重要視しました。

 今年の初めに、商標局は、『新型コロナウイルス感染性肺炎の予防と管理期間における商標受理通知(ドラフト)』を起草しました。2月10日に、申請者がオンラインで申請できるように、流行の予防と管理に関連する商品項目が商標オンライン申請システムに公開されました。『商標審査における新型コロナウイルス感染性肺炎の対応に関する関連要件の通知』を発行し、流行の予防と管理に関連する商標審査のガイドラインを策定し、流行に関連する商標審査のガイダンスを強化しました。通知により、管理と慎重な審査が強調され、流行の状況に関連し、悪影響の生じやすい商標登録申請の管理が強化されました。同時に、商標の審査、異議申し立て、審査、その他の手続きの関連メカニズムを確立して、管理商標の審理と審査基準を統一します。

2020年は、商標登録の便利化改革の最終年です。今年も引き続き、経済発展を支援するための新しい措置を開始し、法律に従って、新型コロナ流行に関連する異常な商標登録を取り締まります。商標登録の円滑化改革をさらに深め、商標登録の平均審査期間が4か月以内に圧縮され、1年以内にオンラインで商標無効宣告、異議、三年間不使用による取消を行えるようにシステムを整え、中国の出願人が国際の後続9項業務をオンライン出願できるようにします。悪意のある登録に対する高圧態勢を維持し続け、操作ガイドラインを発行し、商標の買いだめや悪意のある登録プロセス全体が取り締まります。

CNIPAによる 2020年520

WeChatが国際商標協会は協力して、権利侵害と偽造を打撃します

世界ブランド権所有者のWeChatブランド保護活動への理解と認識を高め、ブランドの法的権利と利益をより効率的に維持するために、世界的な新型コロナ流行の間、ブランド権所有者との緊密なコミュニケーションを維持するために、WeChatブランド保護チームは、国際商標協会(INTA)と協力し、リモートビデオの形で、5月13日と5月19日に2回のトレーニング交換会議が開催され、40人を超える世界のブランド権所有者が会議に参加しました。

WeChatブランド保護チームは、権利者にWeChatブランド保護の概念、イニシアチブ、成果を紹介し、WeChatブランド権利保護プラットフォーム(BPP)の操作メカニズムと原理を紹介しました。さらに、プラットフォームの新増の関連アカウントクラッキング機能、繰り返し侵害のブロック戦略及びマルチシーンのクレームへのワンストップアクセスなど、最近の保護作業も紹介されました。また、昨年からブランド所有者と協力して行われたオフラインの取り締まり案例も紹介されました。会議の最後に、WeChatブランド保護チームは、特別なカテゴリの偽造品のブロック方案、ブランドアクセスガイドライン、関連アカウントのブロック機能、オフラインの協力ルートなどのブランド所有者の関心事に回答しました。

WeChatブランド保護チームは、ブランド所有者とユーザーの力を統合して、WeChatを使用し偽造製品情報の発行を打撃することに取り組んでいます。WeChatブランド保護チームの目標は、ブランド権利保有者と協力して共同管理し、ブランド権利保有者の法的権利と利益を共同で保護し、優れたソーシャルネットワーク環境を構築することです。現在までに、WeChatのブランド権利保護プラットフォームに参加している世界的に有名なブランドオーナー数が360を超えています。

Huanqiuによる 2020年520

2019年、全国裁判所は植物新品種にかかる紛争を38件処理しました

5月8日、最高人民裁判所は北京で記者会見を開き、2019年『中国環境資源審判』(ホワイトペーパー)、『中国環境司法発展報告書』(グリーンペーパー)、および人民裁判所環境審判の典型的な案例を発表しました。ホワイトペーパーは、2019年に国内裁判所が植物新品種、生物遺伝資源および遺伝子などの知的財産権の保護をさらに強化し、植物新品種に関する38件の紛争を受理し、25件の判決を下したことを示しています。

ホワイトペーパーは、2019年に、全国の裁判所が各タイプの環境資源に関する第一審の刑事案件を39,957件受理し、36,733件の判決を下し、114,633人の刑事判決を言い渡したこと、並びに、クローズされた案件の数が前年比でそれぞれ50.9%、43.4%増加したことを示しています。各タイプの環境資源に関する第一審の民事案件を202,671件受理し、189,120件の判決を下し、それぞれ前年比で5.6%、3.5%増加しました。各タイプの環境資源に関する第一審の行政事件を47588件受理し、42078件の判決を下し、それぞれ前年比で12.7%、0.8%増加しました。

ホワイトペーパーは、2019年に人民裁判所が生物多様性の司法保護を強化し、遺伝的(遺伝子)多様性保護、物種多様性保護、生態系多様性保護、ならびに生物学的(動物、植物、微生物)とその保有する遺伝子や生活環境の司法保護、植物新品種、生物遺伝資源及び遺伝子などの知的財産権の保護を明確にしました。

実際には、人民裁判所は、いずれの部門または個人が品種権利所有者の許可なしには、当該品種の育種材料を商業目的で生産または販売することはできないことを強調しました。同時に、植物新品種の権利は公示された権利であり、同分野の生産運営者は注意を払う必要があり、これは、植物新品種の栽培と使用を保護および奨励するためにプラスの意味があると指摘しました。

People.cnによる

2020年58

「公衆伝染病予防特許情報共有プラットフォーム」の英語版がオンライン

新華社通信北京4月27日、中国国家知的所有権局(CNIPA)は、COVID-19に関連する英語の特許情報を科学者と一般市民に提供するオンラインプラットフォームを立ち上げました。

このプラットフォームは、CNIPAに所属した中国特許情報センターと特許審査協力(北京)センターが共同で開発しました。このプラットフォームの英語のWebサイトはhttps://ncp.patentstar.cn/en/です。

ウェブサイトの訪問者は、主に医薬品、診断試薬、医療機器、保護製品、医療用消毒剤、廃棄物処理、人工知能、ビッグデータアプリケーションを含む、感染症流行防止に関連する7,000以上の中国および外国の特許情報を読むことができます。また、COVID-19研究における最新の特許の成果に関するデータ分析レポートを科学者や研究機関に提供します。

起用から1週間で、プラットフォームの中国語版と英語版は、それぞれ韓国、米国、スイス、日本、オランダ、およびその他の国と地域(CNIPAの出典)から173,000回を超えるクリック数を獲得しました。

Xinhuanetによる

2020年53

About the Firm

Ge Cheng & Co Ltd.
Address Level 19, Tower E3, The Towers, Oriental Plaza, No 1 East Chang An Avenue, Beijing 100073, China.
Tel 86-10-8518 8598
Fax 86-10-8518 3600
Email davidcheng@gechengip.com , info@gechengip.com
Link www.gechengip.com

Related Newsletters

25
JUL
2020
25
JUL
2020
Newsletter: Chinese IP Information (English and Chinese) Trademark Examination: Adhere to Stab...

Read More

22
JUN
2020
22
JUN
2020
Newsletter: Chinese IP Information China's PCT International Patent Applications Rank Fir...

Read More

12
MAY
2020
12
MAY
2020
Newsletter: Chinese IP Information Annual Report of Patent Examinati...

Read More